ブランディアの社会貢献について

ブランディアは、宅配買取で社会貢献をすることを目指しています。

 

誰かの不要が誰かの必要になるという嬉しい事実は、確かに買取という業務を行なっている会社にとってはとても大事なポイントですよね。

 

そんなブランディアは、不要なランドセルを回収して海を越えた世界の子供たちに寄付することで、もう一度役に立ってもらおうという企画を行っています。小学校の6年間、長い役目を終えたランドセルが、そのまま不用品となってしまわないように始めた「想い出のランドセルギフト」の運動は、すでに第五段を終了しています。

 

通常海外へ輸送するには送料1,800円が必要ですが、ブランディアがそれを負担してくれます。

 

モノを大切にする気持ちで社会貢献したいというブランディアは、ダンボールのスキマ有効活用キャンペーンとして、不用品を送る際のダンボールの隙間にランドセルを入れてください、というキャンペーンを行いました。

 

申し込み期間は限られていますが、不用品と一緒に緩衝材を山のように詰めるのではなく、その時期だけ不要なランドセルを寄付してください、というキャンペーンです。

 

そして集まったランドセルをジョイセフを通じてアフガニスタンの子供たちへ寄付しているのです。日本の小学生がしっかり使ったランドセルは、現地の子供たちの教育の象徴としても活用されています。

 

ジョイセフは途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している国際強力NGOで、紛争地域などの教育施設不備などに取り組む中で、2004年からランドセルを贈る活動を行っています。そうした大きな視野での社会貢献も含めて、ブランディアはモノを大切にする想いで事業を展開しているのですね。